社会全体が腕時計離れを起していると思う

投稿日: 11月 15th, 2011 カテゴリー 時計.

この世の中に生きている若者の中の何人が腕時計を使っているのでしょうか?

パソコンや他の媒体の高度成長で「いつの間にか腕時計を忘れてしまう」こんな事が増えたのでしょうか?

社会全体が腕時計離れを起していると思えてなりません。

もう時計は若者から離れ、発展して幾多の媒体の成長と反比例するように

腕時計を愛用している若者が減少していくそんな世の中の風潮を

かき消すようにアナログ時計を愛する若者も居るのです。

機械時計が元々好きで、見ていて飽きないと言う

彼は日々腕時計の中の歯車を見つめ一生懸命に回る姿に

「よし今日も頑張ろう」と気持を切り替え仕事に励むそうです。

持っているアナログ時計はまだ10種類、一つ一つが高価なので「集める為には仕事は欠かせないんです。

仕事を辞めたくなったら時計を見て、一呼吸。

つまり彼の周りにある時計は彼が働いてきた実績と言う事です。

彼は若し仕事を辞めたとしても時計は買い取りには出さないと言うポリシーがあるようです。

「買取業者には任せられない」時計を本当に愛してる彼だから言えた言葉でしょう。